« 謝罪会見のやり方 -または朝青龍と亀田大毅という二人のお馬鹿さん!- | トップページ | 水晶という魔法 -ファントム・クオーツ- »

2007/12/02

タダで拾うのが好きな、ベスト20(^^;)

Photo
 私は、Ichiroさんと同じで拾うことが好きだ。好きというより「大好きだ!」と言った方がよい。

 拾うとは言っても、落とし物とか、元々持ち主のあるものではない。それを自分のものにしたら「犯罪」である。落ち葉を拾っても犯罪にはならない(ただし国立公園の特別地区では「落ち葉一枚、枯れ枝1本拾っても犯罪」になる)。

 私が好きな拾うもの(^^)

 第20位:サクラの落ち葉
 第19位:マツボックリ
 第18位:チョウセンゴヨウの球果
 第17位:メタセコイアの実
 第16位:ドイツトウヒの球果(振り子時計の下にぶら下がっているやつ)
 第15位:蝋石(ろうせき)
 第14位:方解石
 第13位:岩石一般
 第12位:青磁のカケラ
 第11位:貝殻

 第10位:写真撮影(これもタダで拾うもの)
 第 9位:土器
 第 8位:矢尻(石鏃)
 第 7位:クサボケ(ジナシの実)
 第 6位:オサムシなどの死んだきれいな虫
 第 5位:センブリ(胃腸薬になる苦い草)
 第 4位:ヒマラヤスギの球果の先端

 第 3位:水晶(すいしょう)
 第 2位:セミの抜け殻
 第 1位:きのこ

 まあ植物やきのこは「拾う」というよりは「採集する」という言葉が正しいが、タダで手にするという点では同じである。

 世の中には、かようにタダで拾えるものは、たくさんあるのである(笑)

 わたしは、ブランドのバッグもスーツも腕時計もいらない。

 自然が作るものの、美と法則性を思うのである・・・。


 ※小学校の時に拾った「煙水晶」(黒くなるのは放射能の影響だと言われています)


 2007-12-02

|

« 謝罪会見のやり方 -または朝青龍と亀田大毅という二人のお馬鹿さん!- | トップページ | 水晶という魔法 -ファントム・クオーツ- »

コメント

実にイチロさんらしい「大好きな」拾い物ですね(^_^)
ホッとします。

降順で書かれているのが良いです。
特に、
>第16位:ドイツトウヒの球果(振り子時計の下にぶら下がっているやつ)
は、思わず「ふふっ」と笑い、また風情と趣きを感じます。
下記のURLに振り子時計にぶら下がっているドイツトウヒの球果が見られます。

(URLは、念のため消させて頂きました。 「ドイツトウヒ 球果」で検索するとどこかで見ることができます:イチロ)


わたしも、ブランドのバッグもスーツも腕時計も宝石も貴金属もいらないですし、欲しくならない。

>自然が作るものの、美と法則性を思うのである・・・。

イチロさんを見ていると、とても納得が出来ます。
「煙水晶」の画像がとても素敵です。

私は、削られて指輪になった何々カット(ブリリアンカットだとか何だとか)ですとか、何カラットの輝きだとかいうものには全く興味がないのです。
「敢えて人間が身につける為、飾る為に自然の形を壊すから」です。

  「原石のまま」が「大好き!」なのです。
見せてくださりありがとう。 見ているだけでうれしい。

投稿: 惠莉 | 2007/12/03 00:32

惠莉さん

ランクに入れるのを、忘れていたものがあります。

それは「フジの実」です。

フジは豆科で、刀みたいなサヤをつけますが、それが冬に弾けて「パチン」と実を飛ばします。本当に見事です・・・。碁石みたいな大きさで、10mくらいたぶん飛ぶんじゃないでしょうか。

それを冬に拾って歩くのが、好きです(^^)

食べても美味しいんだそうですよ。私は食べたことはないですが・・・。

よっぽどわたしは「タダ」が好きなんですね(アハハ)

投稿: イチロ→惠莉さん | 2007/12/03 00:47

まずはお詫びを。

先に上記に書いたURLを再度確かめたところ、
検索した時点では書かれていなかったのですが、
最初のTOPページに
「Copyright (C) 2004-2007 hatena. All Rights Reserved.」という「コピーライト」がかかっていることが確認できました。
それをわたくしが、ここで「URLを書き込んで(掲載して)しまった」ことに対しまして、そのホームページの管理者の方に深くお詫び申し上げます。

フォトライフというタグの18ページの一番下に、今現在、その美しく撮影された「振り子時計にぶら下がっているドイツトウヒの球果」が掲載されていらっしゃいます。

 ----

イチロさん

「フジの実」は、冬に弾けて「パチン」と実を飛ばすのですか(^_^) それも10メートルも!

私もこういうものが大好きです。

マツボックリも開く時に「パチン」と驚くほどの自然の力で音を鳴らしますね。
私も貝殻拾いも好きですし、落ち葉を拾うのも好きです。

落ち葉や花びらは木工用ボンドで、よく本の栞にしたものです。
銀杏を拾うのも好きでした。

「フジの実」の実を飛ばす「パチン」を是非見てみたいです。
  実にワクワクします。 食べてもみたいです。

イチロさんはただ「タダ」が好きなのではなくて、本当に自然が大好きですね(^_^)

投稿: 惠莉(お詫びも兼ねます) | 2007/12/03 01:15

※一応、URLは削除しておきますね(^^)

私は自然が好きです。回りに緑がなかったら生きていけないかも(笑)

投稿: イチロ→惠莉さん | 2007/12/03 16:10

海岸で拾うのが好き、という学会に入りました。

 日本漂流学会です。

 前に書きましたね。

 ガラスの玉が、流れ流れて宮古島へ 

 すごい旅行をしています。

 日本北部(だろうと思う)-黒潮ーハワイーカリフォルニアー南下ー西に行くーフィリッピン沖(?)-台湾沖ー中国東ー冬にのみ宮古島石垣島へ反転する海流に乗る

 何回回ったのかわからない。ハワイ沖から瓶を流したが、宮古島に漂着したのは 3年後。
 
 奥が深いのであります。

 素っ頓狂なものもある。ボーリングの玉2つ。あれは漂流するのですね(実際浮きます)

 CD(これは落とし主が、海に投げ入れたらしい)名曲があったので聞いていた。

 貝斧(これは造った人が落としたようだ)

 148キロのオオジャコガイ。村人に協力させて、もってきた。ふう。施設の女性トイレの配管を壊したので、現在は海宝館においている。

投稿: Ichiro | 2007/12/03 21:39

細心のご配慮、本当にありがとうございました。

本来「Copyright(コピーライト)All Rights Reserved」の意図するところは、
「他の場所で無断で使用したり、勝手にコピーすることを一切禁ずる」
を意味し、自分で閲覧する分には問題がないというものですが、

やはりそれに対し、わたくしが「URL」を記載してしまったことは、すでに自分だけでの閲覧でなくなり、ここを読んでいる方々に紹介する形になってしまうと感じたこと。 そして、
「上記のサイトの管理者の方・またその方がどのような思いで写真を撮り、掲載しているかのお気持ちを熟知できない状態」で、してはならならなかったことと痛く感じておりました。

その管理者の方とイチロさんに、ご迷惑をおかけ致しまして本当に申し訳ございませんでした。
削除していただき、ありがとうございます。

投稿: 惠莉→イチロさん | 2007/12/03 22:39

なにも迷惑なんてありません。

惠莉さんのURLの引用は、まったく問題ないと思います。

私は、人の著作権は極力尊重しようと思いますが、逆にそこまで理詰めで尊重するほどの内容でもない方が、大声で著作権を叫ぶ風潮はいかがかと・・・思いますネ(^^;) 

以下、正直に言って良いですか???

私は、文章とか画像(絵・写真)とか、自分の著作権を「引用したり勝手に使ったら訴える!」って、ネットで書いている人って、逆にまったく信用できません。

そんな人の文章とかってのは「あんたの文章なんて、引用したくない!」ってことが多いです。プライドの高い人の文章とか画像って、時に「クソみたいに最低」なことが多いのです。

引用させて頂きたい方は、逆にそんなことを偉そうにはほとんど書かないし、キチンと話をすれば、すぐOKをくださいます。

だから、今回惠莉さんが引用なさった方は、それなりの方だったという・・・・・・ことだと思います(^^;)

私は著作権法は大事に思いますが引用されて困るような文章や画像なら「アップするなよ!」って思います。アップした時点で引用されることを考えないなら、アップしちゃいけないと思います。

著作権法は法律だから守りますが、防衛策というか、覚悟がないと、ネットでのアップなんてできないですよ(^^;)ネ・・・。

私の書いた文章を引用して、自分で書いたとして書かれたら問題ですが、引用はかなりルーズにできないと、文化活動に障害になりますし、民度の向上にもまったくなりませんよねぇ・・・・・・。

投稿: イチロ | 2007/12/03 23:38

>正直に言って良いですか???

是非。

以下の文章含め、
イチロさん、カッコいい・・・・・。


【注】イチロさんは本当の意味での「著作権」を
   熟知されている方です。

投稿: 惠莉 | 2007/12/04 00:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 謝罪会見のやり方 -または朝青龍と亀田大毅という二人のお馬鹿さん!- | トップページ | 水晶という魔法 -ファントム・クオーツ- »