« 女の子と クリスマス イブ・・・ | トップページ | 彫金家の鎚(つち) »

2007/12/25

クリスマスの朝・・・

Photo
 10年前に書きました。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

クリスマスの朝 /イチロ

 ※フィクションです。

 「おにいちゃん サンタさん こなかったね
  おとうさんと おかあさんも 帰ってこなかったね」
 「うん・・・ しょうがないよ・・・ 」

 「まいとしサンタさんきてたのに」
 「うん でもぼくがきょう 何かあげるから」

 「じゃあ おにいちゃん おりがみかって」
 「うん でもぼくのおこづかいで買えるおりがみだよ」

 「なんでもいい おにいちゃんは4ねんせいだから
  ちょっとはおかねもちだって まえに いってたじゃない」
 「うん じゃあ朝ごはんたべたら
  近所のぶんぼうぐやさんにいこうか」

 「わたし そのありがみでおにいちゃんに いろいろ
  おったげる わたしほいくえんで おりがみせんせい
  っていわれてるのよ なにおってほしい?」
 「うん じゃあ 鶴とやっこさんと しゅりけんできるか?」

 「えへへ よかった わたし だいとくいなの」

  1997/12/26 イチロ

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

  ※:紅茶ブタ

|

« 女の子と クリスマス イブ・・・ | トップページ | 彫金家の鎚(つち) »

コメント

うちの子どもにも
今年サンタさんが来なかったのです!

おバカな親が枕元におく秘密のプレゼントを
買っておくのを忘れてて・・・
夫:「クリスマスソングCDと絵本買ったでしょ?」
私:「それは・・・親からってわかってる分でしょ。
   サンタさんからのが・・・どうしよう(T.T)」

結局「サンタさんは間違えておばあちゃんの家に配達した」
ということになり
事なきを得たと思ったら
今日音楽教室で先生が一人一人に
「サンタさん来ましたか?」と聞いて
娘1人が「来なかった・・・」
私:「うちのサンタさんはおばあちゃんの家に持ってきたんです~!」

娘よ、すまん
と心の中で謝る馬鹿母であったf^^;

投稿: つんちゃんママ | 2007/12/26 01:31

お兄ちゃんと妹さんの「ふたり」が互いに寂しい環境にありながらも暖かい気持ちになれるという、ささやかな中での最高の相乗効果を持った幸せな物語ですね。
泣ける思いで感動してしまいました。

       ※幼い頃
私 :「うちにはサンタさん、こないの?」
父 :「うちはクリスチャンじゃねぇんだ」
私 :「クリスマスのお祝いってないの?」
母 :「うちにはずっとそんなものないの」
私 :「えんとつがないからいけないの?」
父 :「ないもんはないって言ってんだ!」
私 :「・・・うちはずっとなにもこないね」
母 :「そうよ。うちはなにもこないのよ!
    何度いわせるの!あきらめなさい」
私 :「・・・はい(一人押入れで泣いた)」

クリスマスも誕生日もお年玉も家族旅行も一緒に外食も一度もない。

なので今、子どもたちの喜ぶ顔が見たくて、記念と言う名の日にかこつけて、せめていつもよりもほんの少し洒落たお料理を作ったりしています。

子どもたちへ。
プレゼントもあげられなくてごめんね・・・。
気持ちだけでごめんね・・・。
でも子どもたちが笑ってくれるのが、私への最高のプレゼントです。
食べてくれてありがとう。

投稿: 惠莉 | 2007/12/26 22:35

チャンプル文化

 突然ヘンな言葉を持ち出して申し訳ないが、日本文化の神髄は?チャンプル文化ではないかと思う。その嚆矢は、神仏混交ではないかと思うんである。要するに、あちらも立て、こちらも立て、ということであれば、こうなるのではないか。まあ、庇っていえば、平和主義なんである。

その代表がクリスマスを祝う習慣である。流れに棹差し?へんな意見を述べるが、この習慣に関しては、私が書いたエッセイの第一号である。(英文であるので省略)

 沖縄はヤマト文化と中国文化の接点にあり、中国の人が来たときはサツマの人は隠れ、またサツマの人がきたときは中国文化は一時お預けとなった。(沖縄の両属)

 宮古においては、もっと激しく、今の問題としても、先祖崇拝 プラス 葬式には読経というヘンテコ文化がある。読経しても、そこの宗派を信じていないのは 勿論である。

 チャンプル文化は、世界を救う、と思っているが、後が続かない。チャンチャン。

投稿: Ichiro | 2007/12/26 23:56

追加:

 神仏キリスト混交というべきであった。(笑)

投稿: Ichiro | 2007/12/26 23:58

◎つんちゃんママさん

 最悪ぅ・・・。つんちゃんママさんはホントのお馬鹿さんですぅ・・・(^^;)

 私もそれでサンタクロースの信用を失墜しました(^^;) ある日、プレゼントを忘れてしまって、全てがバレてしまいました。

「サンタはいないんだ!」ってことになって、子どもの夢は崩壊しました。ゴメンね・・・・・・。

◎惠莉さん

ステキなケーキとか子どもさんに送ってあげられて、良かったです。惠莉さんはホントにステキなお母様です

「泣いちゃだめ・・・・・・!」

◎Ichiroさん

チャンプルは、複合文化でしょうか?

良いです(^^)

投稿: イチロ | 2007/12/27 00:12

そういえばかなり昔だけど
妻が言うことをきかない長男に怒って
クリスマスのプレゼントをあげなかったこと
があった。長男は近所の同年代の子たちに

>「おまえとこ、サンタさん来たか?」

などと聞いて回っていました。
まだ小学校1年くらいの頃かな。

我が家はもうサンタ卒業ですわ。

投稿: 江草乗 | 2007/12/28 00:40

大きくなると、だんだんサンタ卒業の時代になりますネ。

でもちょっと寂しいような気もします。サンタさんを信じている年頃がうらやましいです。

夢とか希望とか・・・、サンタさんはいくつになっても、やっぱりいて欲しいよネ・・・(^^)

投稿: イチロ→江草乗さん | 2007/12/28 01:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 女の子と クリスマス イブ・・・ | トップページ | 彫金家の鎚(つち) »